九谷焼 ペアフリーカップ 釉彩花鳥 梅鳥 椿鳥 ビアカップ ビールグラス ビアグラス タンブラー ビアマグ 和食器 焼酎カップ ロックカップ 焼酎グラス
【驚きの価格が実現!】

 日本陶彩 椋原佳俊 かいらぎ湯呑 コップ、グラス
【驚きの価格が実現!】 日本陶彩 椋原佳俊 かいらぎ湯呑 コップ、グラス
sararara/a-b09nlk14qm-20220512-24471-hwG
6,017円 8,596円

萩焼の歴史は、慶長年間に韓国より渡来した陶工が毛利藩の御用窯として開窯し、高麗風の茶陶を制作したことに始まります。 特徴は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸収性にあります。高火度で比較的短時間で焼成し、土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼きしまっていないので保温性を持っています。 吸収性があるため、長年大切に使い込むことによって、「茶馴れ」や「萩の七化け」と呼ばれる、色合いや景色の変化も楽しむことが出来ます。 萩の色合いは、土と釉薬が溶け合って生まれます、そのためひとつとして同じ色合いのものはありません。焼成による多少の色合い、寸法の違い·容量の違いはご容赦下さい。

萩焼の歴史は、慶長年間に韓国より渡来した陶工が毛利藩の御用窯として開窯し、高麗風の茶陶を制作したことに始まります。 特徴は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸収性にあります。高火度で比較的短時間で焼成し、土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼きしまっていないので保温性を持っています。 吸収性があるため、長年大切に使い込むことによって、「茶馴れ」や「萩の七化け」と呼ばれる、色合いや景色の変化も楽しむことが出来ます。 萩の色合いは、土と釉薬が溶け合って生まれます、そのためひとつとして同じ色合いのものはありません。焼成による多少の色合い、寸法の違い·容量の違いはご容赦下さい。
AULASIGLO21.COM.AR RSS